man

コスト面も考えよう

投薬や血液検査も行なう

毛根の健康

薄毛治療の場合、基本的には薄毛の進行を防ぐための治療となるケースがほとんどです。薄毛治療の場合、内服薬や外服薬を利用することが一般的です。今では薄毛や抜け毛に効果的な成分も多く誕生しているため、自分に合った薬を服用することも可能になっているのです。クリニックで薄毛治療をする場合、薬を利用した薄毛治療と電気治療等の機械を利用した発毛治療は別々のコースになっています。そのため、薄毛治療と発毛治療それぞれで費用が必要になるのです。少しコストはかかっても、発毛促進を目指すのであれば、投薬の薄毛治療に加えて機械を利用した発毛治療も同時に進めていくのが効果的でしょう。薬による薄毛治療の場合、1ヶ月分の薬投与で2万円程度の費用を必要とします。通常の治療薬に比べると薄毛専用の薬は少し高額になっています。プロペシア等、国内でも広く利用されている治療薬であれば7千円から8千円程度では処方してもらえるので、薄毛治療のコストを抑えたいという人に向いているでしょう。基本的に、薄毛や発毛治療をする時は、頭皮の状態をチェックするだけでなく身体の健康状態もチェックします。身体の状態を調べるために、血液検査等を行ないますが、薬の副作用を減らすためにも重要な検査なのです。検査結果を元にして、ドクターが患者に合った薬を提案してくれるので、安全に治療を進めたいという人はドクターの指示に従うのが良いでしょう。血液検査の場合1万5千円程度の費用が必要になります。

メニューによって期間や料金が違う

クリニックでは、投薬による抜け毛や薄毛の予防に加えて、発毛を促進させるための治療も行ないます。クリニックによってコースやメニューが違いますが、料金形態がわかりやすいクリニックの場合は治療回数に分けて料金や期間を設定しています。薄毛の進行状態は人によって違うことから、1人1人に合わせて数種類の治療を用意しているところもあります。このようなクリニックであれば、重度の薄毛の人に効果的な治療、軽度の薄毛の人に効果的な治療というように、個人個人でメニューを変えることができるのです。発毛の治療をする場合、1週間に1回の頻度でクリニックに足を運んで治療を進めていきます。1ヶ月の治療であれば4回、3ヶ月であれば12回、というように増えてきます。1ヶ月程度の治療であれば十数万円程度では治療を開始することができます。治療に支払うことができる予算に限りがあるという人は、カウンセリングの段階で予算を伝えておくのも1つの方法です。事前に予算を伝えておくことによって、予算内で出来る適切な薄毛治療を提案してくれるでしょう。

トータルコストで考える

薄毛治療ができるクリニックの中には、料金が安いことを謳い文句にしているクリニックもあります。しかし、クリニックの料金をチェックする時にはコスト面だけを重視して選ばないということです。広告やホームページ等でチェックした料金だけでなく、カウンセリング代やアフターケア料金などを跡から請求するクリニックもあるのです。薄毛治療費用が安いからという理由で選んだクリニックでも、結果的に数百万の費用がかかってしまったというケースも発生しています。血液検査や薄毛治療、発毛治療、カウンセリング料金など、あらゆる費用をトータルした金額で判断するのが最も賢い方法です。多くのクリニックでは、ホームページ等で治療費を公開していますが、できるだけ細かく料金表示してくれているクリニックを選ぶのが良いでしょう。実際にクリニックに足を運んだ時には、カウンセリングの段階でトータル見積もり費用を出してもらうのも1つの方法です。